地域住民と行う災害時医療訓練事業


 このNPO法人「災害・医療・町づくり」は地震災害などの際に、住民が自力で自分の命を守ることが
できる災害に強い町をつくるように医療面からの支援を行うために設立されました。
 チーム災害訓練はなかでも中心となる「地域住民と行う災害時医療訓練事業」を担当します。
災害時の医療訓練とは、被災された時に自らを、また周囲の方々を守るスキルを身につける実践的な
訓練です。具体的にはトリアージ訓練、避難所における救護所の設置訓練や応急救護訓練など多岐に
わたります。
 トリアージや応急救護訓練に関しましては、他の項で説明されているのでそこをご参照ください。
 一方、例えば救護所の設置に関しては、通常小学校などに避難所や救護所が設置されたところに
訓練にあたりまえのように参加するという意識があります。しかし、実際の災害時にはその設置から
住民自らがしていかなければいけません。
 この意識改革を住民の方々にしてもらうのが、災害に強い町作りのねらいであります。
 「チーム災害訓練」は実際の訓練を行う上での、地域住民からの要請に対応するなどの窓口の役目
を果たします。そしてNPO法人「災害・医療・町づくり」のメンバーに希望を伝えて、誰が参加して協力で
きるかを決めて行きます。


*静岡市(旧)地区で 静災連、NPO災害・医療・町づくりと災害医療訓練、トリアージ訓練を行った地域

 ライン
inserted by FC2 system