平成26年度自主防災組織リーダー研修 駿河区」 
長田東小学校体育館
 :長田北・長田東・長田西・川原・長田南
2014年 6月 29日(日)


  駿河区自主防災組織リーダー研修を3回に分けて行うことになり、その第1回目として、長田東小学校体育館で80名の自主防災委員に対し
 「市民トリアージ」と「怪我の応急処置」の実技訓練を行いました。

 はじめての人が多かったり、時間が短かったり等 必ずしも十分な訓練ではなかったと思われるが、 『自分たちで対応しなければならない』考え方を理解して頂いた、
 などの効果はあったと思われる。 
 ただ非常に驚いたのは、 「みなさんがけがをした時、どこの救護所に行くか分っている人は、手を挙げてください」 との質問に 2〜3人しか手が上らなかった。
 ・・・防災の委員なのに。

                                     安田 清  NPO理事長 


 静岡市の被害想定やクラッシュ症候群、市民トリアージなどについて説明しました。 
 
  『輪になってトリアージ』を実施   「2時間以上挟まれていたか?」「歩けるか?」「呼吸をしているか?」30秒で判定できました。 
   
この後、災害時の応急手当も実施しました。      
 
研修指導: 静岡市保健衛生総務課 、 静岡市消防団第8方面隊(初期消火)、 静岡市石田消防署(救命法、救出・救助)
 

 参加
NPOメンバー    安田  清  (NPO理事長 静岡県立総合病院)
            千原 幸司  (NPO理事 静岡市立静岡病院)
            笠原 英男  (NPO理事 災害ボランティアコーディネーター静岡県協議会
            木下 千世路 (静岡県立こころの医療センター)
            望月 雅美  (静岡県立総合病院)
            矢部 眞一  (静岡市消防局)
            加治 由記 (静岡大学保健センター) 

 ライン
inserted by FC2 system