地域防災訓練
静岡市駿河区栗原自治会防災訓練

2016年 12月 4日(日)9:00〜12:00
 
   「栗原自治会での市民トリアージ訓練は初めてです。
  ケガやクラッシュ症候群にならない様にすることが、大切であること、救出搬送は市民が行う事を含め
  市民トリアージの必要性を説明し、デモ患者のトリアージをしていただきました。
  短い時間でしたが、トリアージが理解していただけたようです。
  応急手当は静岡県看護協会『災害支援ナース』受講生の方々が住民に指導してくださいました。
  住民の方が「家庭にあるものばかりなので、多めに用意しておき、実施できそうだね。」と話されていました。
  毎年続けていくことが大切という感想もいただきました。」


                                             加治 由記  NPO広報 
 366名の参加がありました
   高校生19名中学生32名小学生33名
 
 
        災害時の応急手当    まずは止血をしっかりと!湿潤療法で傷の手当 骨折も段ボールなど家にあるもので固定
 
静岡県看護協会の方々       消防団 第15分団の方々     静岡県議会議員佐地茂人さんと防災委員長   炊き出し!

  参加NPOメンバー   
  小池 里栄 (災害ボランティアコーディネーター静岡県協議会)
  加治 由記 (静岡大学保健センター)
 
 ライン
inserted by FC2 system