HOME  
                                    NPO災害・医療・町づくり も協力しています

DMATのロジスティクス講習会

静岡大学防災総合センター(地域連携・ボランティア部門)主催
   DMAT支援隊静岡共催のDMAT支援ロジスティック講習会が開催されました
2009年3月1日 静岡大学 大学会館ホール 10:30〜16:30

   

厚生労働省が組織した、超急性期の災害医療を担当するDMAT(ディザスター・メディカル・アシスタンス・チーム)が
必要とする「ロジスティクスの現状と課題について」について、独立行政法人国立病院機構災害医療センターより
講師をお招きして講習会を開催しました。
午後には、東海地震の発生を想定したシミュレーションも行いました。

「DMATの基本コンセプト、DMAT実働事例と広域医療搬送」などについても合わせて講義をして頂きました。
これを機会にDMATの目的と役割と行動を正しく理解し、DMATを支援する支援隊の役割を明確にして今後の活動に
生かしたいと考えています。


 
DMAT静岡・DMAT支援隊静岡の隊員をはじめとして、西部医療センター・静岡済生会病院など
医療関係者の他、県庁職員から鈴与・トヨタカローラ・災害ボランティア静岡など一般の方まで
70名を超える参加者、見学者にお集まりいただきました。
 


 

0:30 〜 10:40  開講式挨拶                          安田 清 氏
10:40 〜 11:10   講義 1 「DMATについて、災害対応の基本コンセプト、CSCATTT」   小井 土雄一 氏
11:10 〜 11:40   講義 2 「DMATの実働事例と広域医療搬送」            本間 正人 氏 
11:40 〜 12:10   講義 3 「DMATのロジスティクスの現状と課題」          楠  孝司 氏
12:10 〜 13:00   昼食
13:00 〜 13:30  講義 4 「DMAT支援隊静岡の基本コンセプトと目指すもの」DMAT支援隊静岡隊長 池谷直樹
13:30 〜 14:50   実技 シミュレーション「東海地震、DMAT遠隔地派遣&広域医療搬送」
                 講師 独立行政法人国立病院機構災害医療センター、静岡県DMAT隊員
14:50 〜 15:00  休憩
15:00 〜 16:00  総合討論 パネル形式
16:00 〜 16:30  まとめ 閉講式                        安田 清 氏

小井戸 雄一 講師  国立病院機構災害医療センター
          臨床研究部長

本間 正人 講師
   国立病院機構災害医療センター
          救命救急センター部長
楠 孝司 講師    国立病院機構災害医療センター
          教育研修室長
近藤 久禎 講師   日本医科大学武蔵小杉病院助教
佐藤 和彦 講師   国立病院機構災害医療センター
           看護師長
安田 清 講師    静岡県立総合病院 


DMAT支援隊静岡 協力団体及び企業

*国立大学法人 静岡大学防災総合センター
*国立大学法人 静岡大学保健管理センター
*社団法人 静岡県柔道整復師会
*トヨタカローラ静岡株式会社、トヨタカローラ静岡レスキューボランティアチーム
*NPO法人 「災害・医療・町づくり」
*静岡県災害支援隊
*静岡県災害時バイクボランティア連絡協議会
*静岡県環境防災福祉研究所
*株式会社損害保険ジャパン、損保ジャパンちきゅうくらぶ
*NPO法人NVN日本沼津災害ボランティアの会 
*コマツ東海株式会社
*旭産業株式会社
*災害ボランティアコーディネーター静岡

*静岡県環境防災福祉研究所                     2009.03.01


                ライン
inserted by FC2 system