HOME           
                      NPO災害・医療・町づくり も協力しています
リストマーク DMATとの訓練が行われました
   
 訓練内容  
 
時刻 訓練場所 訓練メニュー 訓練内容詳細 具体的な作業必要品 担当団体名

12:00
静岡大学
保健管理
センター
DMAT支援隊
緊急召集
召集訓練・情報収集訓練 発令(今回は携帯メール) DMAT支援隊池谷会長
静岡大学構内 保健管理センター
災害対応起動
仮設医療救護所設置訓練 ブルーシートを敷く
(催事用テント・タープ)
静岡大学
保健管理センター
B棟まえ
芝生広場
仮設救護所
設置訓練
青タッグ傷病者に対する
骨折傷病者の手当て
ブルーシートを敷く
(催事用テント・タープ)
静岡県柔道整復師会
市内全域 情報収集訓練 本部とバイク隊の
無線通信訓練
無線機設置・交信記録簿
フォーマット使用
無線機/交信記録用紙
静岡県バイクボランティア
連絡協議会
静岡大学周辺
 大谷地域
情報収集訓練 避難所・避難地の傷病者の調査 避難所地図に基づき
バイクで調査

避難所配置図/住宅地図/調査用紙
静岡県バイクボランティア
連絡協議会
静岡大学
野球場
DMAT本隊到着
迎え入れ
迎え入れ・搬送 静岡大学野球場へ
移動待機
 
ルミオン
ハイエース
トヨタカローラ災害ボランティアチーム
災害VC静岡コマツ東海
DMAT支援隊
静岡大学
野球場
DMAT本隊到着 静岡大学野球場降下 DMAT隊の服装を着用
DMAT隊制服/白衣
災害医療町づくり
静岡大学
野球場
DMAT本隊
迎え入れ
DMAT隊を
保健管理センターへ搬送
ルミオン・ハイエースを
使用して搬送
DMAT支援隊
静岡大学 DMAT本隊
受け入れ
情報収集・
医療現場打ち合わせ会議
現状説明と運営方針
/指揮権の確認
会議室
静岡大学
DMAT・DMAT支援隊
合同会議
保健管理
センター

B棟まえ
芝生広場
DMATの支援 トリアージ協力、
宿泊用テント設営
本来のDMAT業務を行う
(DMAT隊が考える)
DMAT支援隊
共通教育B棟 DMAT本隊
仮設医療救護所に
移動
出発、搬送・バイク隊先導 保健管理センター
 〜B棟芝生広場へ移動

ルミオン・ハイエースを使用して搬送
DMAT・DMAT支援隊
静岡県バイクボランティア
連絡協議会
12:30 B棟まえ
芝生広場
トリアージ訓練開始
静岡県柔道整復師会
軽傷者の手当
トリアージ 
患者7名(学生)
DMAT・DMAT支援隊
静岡大学学生
防災ネットワーク・演劇部

静岡県柔道整復師会
13:30 DMAT隊と支援隊話し合い ボランティアセンターへ

DMAT到着

静岡大学野球場にDMAT隊降下(想定)
支援隊の自動車
(トヨタカローラ静岡・ルミオン)で 
支援本部ー保健管理センターに到着
「医師2名看護師1名ロジ1名です   
他の医療班は入っていますか?」
  
「被害状況は?この場所の安全ですか?」
 状況確認 救護所立ち上げの司令 
トリアージは
支援隊が担当
患者役は
静岡大学演劇部
患者搬送
患者搬送
DMAT医療活動
トリアージ 赤ゾーンでの医療活動

訓練協力団体(2008.04.29)
静岡DMAT隊  DMAT支援隊静岡  NPO法人 災害・医療・町づくり
静岡大学 ・ 静岡大学防災ボランティアセンター ・ 静岡大学保健管理センター
静岡県環境防災福祉研究所  災害VC静岡 コマツ東海(株) (株)カブト
静岡県バイクボランティア連絡協議会 社団法人静岡県柔道整復師会
静岡県災害ボランティアコーディネーター連絡協議会  静岡県災害支援隊
トヨタカローラ静岡(株) (株)損害保険ジャパン
静岡大学学生防災ネットワーク 東海大学コナ 富士常葉大学ハルジオン
福井大学・福井大学防災ボランティアセンター NPO法人 ふくい災害ボランティアネット
 訓練
       ライン
inserted by FC2 system