NPO災害・医療・町づくりロゴ



















HOME 新着情報 活動内容 活動報告 リンク サイトマップ



HOME

1) 位置づけ
 阪神大震災で多数の患者(372名)が報告されています。しかしこれは後から病院のカルテを
 調べたものです。当時はクラッシュ症候群は医師にもあまり知られていませんでした。
 病院にたどり着かずに突然死した人たちが語り継がれており、実際はもっと多かったと
 思われます。
 阪神大震災で病院にたどりついてから死んだ一番多い原因でした。

 
 2) 目標
 東海地震でも多数の建物の倒壊が想定されており、クラッシュ症候群は最大の命の問題です。
 阪神の経験を静岡で活かしたい。
 
 3) クラッシュ症候群とは何か 
  
図1 血液の流れを示しています。
    心臓から出た血液は赤い線の動脈を通り体中に流れ、
    青い線の静脈を通って心臓に戻ってきます。

図2
    下肢の筋肉が圧迫されて、動脈も静脈も血流が
    遮断されています。

図3
    この状態が長く続くと、筋肉の細胞の膜が壊れ、
    横紋筋融解症になります。
    しかしここ以外の体は普通に機能しており、
    意識も、呼吸も、血圧も保たれています。
図4
    ここで圧迫が開放されると、筋肉にも再び血液が
    流れ始めます(再還流)。
    しかし細胞の膜がこわれているために、細胞の中に
    水が取り込まれていきます。その結果体循環の水分が
    減り脱水となり、急性腎不全を起こしてきます。
  この予防、治療には大量の水分補給が必要です。点滴するのがベストですが
 医師がいない状況では水分をたくさん飲ませてください。
 またこわれた筋肉細胞からカリウム、ミオグロビンなどが静脈、体循環に流れこんできます。
 カリウムは高くなると瞬間的に心臓を止めます。元気だった人がクラッシュ症候群で急速に
 状態が悪化し死に至るのは高カリウム血症が原因です。 
 この治療は血液透析をするしかありません。
 
 4) 見分け方
 呼吸、血圧、意識などいわゆるバイタルサインに異常はみとめません。
 尿が出ると赤ワイン色の尿が出ますが、殆どの患者さんは脱水になっていると思われ、
 輸液し導尿しないと出ないかもしれません。
 クラッシュ症候群の診断は、疑わないと気づかないと思われます。
 私たちのNPOでは、 
2時間以上挟まれていた 
          
挟まれていたところの末梢に麻痺がある 
 この二つがそろえばクラッシュ症候群を疑うことにしています。
 麻痺というのは、長いこと正座しているとつねっても分からない、動かそうとしても動かない、
 あの状態です。
 勿論、カリウム値、CPK,ミオグロビン定量などの血液検査をすれば診断がつきますが、
 現場では不可能だし、病院でも、検査機能も低下しあふれる患者に対応する中でこのような
 検査はできないかもしれません。
 
 5) 治療
 救出時から水分の補給は必ず必要です。医師がいれば勿論輸液ですが、東海地震の静岡では、
 現場に医師がいる可能性は低いです。一般の人にできることは、水分を飲ませることです。
 できればスポーツドリンクが良いですが、水かお茶でも良いでしょう。
 輸液では最初1時間に1Lくらいの速さで入れますが、経口ではできるだけ飲ませるという
 程度になるでしょう。
 救出したら、透析できる施設にできるだけ早く運ぶ必要があります。
 最重傷患者です。
 病院に着いたら『クラッシュ症候群の疑い!』と大きな声で伝えましょう。

 もう一つ、有効な対策として挟まれていた所の中枢で縛る方法があります。
 筋肉からカリウムなどが戻るのを、病院に着くまで防ぐ目的です。
 これには二つの問題があります。
 一つは現場で一般の人が縛るのでは、タオル、ゴム、などを使って思い切り締めても動脈を
 止めるのが難しいのです。
 ただ静脈を止めて戻る血を止めるのでも短期間なら有効かもしれません。
 もう一つは、地震では救急車が来る可能性は殆どなく道路も遮断され、普段なら車で10分の
 病院までの時間も何時間もかかるかもしれません。すると縛ったことで血行障害を余計に悪く
 する可能性があります。
 現在静岡では、病院に担いででも運べる地域には、クラッシュ症候群をしっかり教えた上で
 縛って搬送することを教えています。
 1時間で確実に病院に送り込める見込みがなければ縛るな、と教えています。
 
 6) 市民にクラッシュ症候群対応を教える理由
  東海地震では災害の被害数に対し、救出する側の人間の数が圧倒的に少ないのです。
  例として旧静岡市の被害想定数を取ります。

   死者
重傷者
中等傷
生き埋め
建物大破
火災による建物焼失
 701人
2,625人
11,977人
3,803人
15,853棟
24,156棟
  これに対して

消防
中等傷
消防団
 

470人
11,977人
1,300人
           

 どう考えても消防にやり切れる数ではなく、阪神大震災では建物の下敷きの救出は80%を
 市民が行っており、東海地震でも救出の主体は市民になると思われます。
 市民にクラッシュ症候群対応を教えている理由です。
 
7)まとめ
 倒壊家屋が多数発生する都会型の大地震では、クラッシュ症候群対策が最大の問題です。
 東海地震のように広域での被害が想定されていると、災害現場での救出の主役は住民で
 ある可能性が高い。クラッシュ症候群対応は、医療機関や消防が理解するだけではとても
 届かない。市民にクラッシュ症候群を教えるなかで、救出から、トリアージ、病院への搬送も
 市民の仕事、という意識を求めていく必要があります。
 

リストマーク

 

ライン
inserted by FC2 system