HOME 新着情報 活動内容 活動報告 リンク サイトマップ


NEWS 随時更新します

  トリアージのQ&A
  1. トリアージの日本語訳は?
   トリアージの語源は、コーヒー豆の選別をする際に使われたフランス語に由来します。
しかし、対応する適当な日本語訳がなく、「トリアージ」という言葉で使われています。
戦争で負傷した兵士の治療の順番を、早く戦場に戻せる兵士を選別したのが、医療に使われた始まりと言われています。
  2. トリアージはなぜ必要か?
   大規模災害時では、対応できる数十倍の多数の負傷者が発生します。
医師・看護師も、薬剤なども足りません。その中で出来る限り多くの命を救うために、緊急性の高い患者さんを素早く見つける方法がトリアージです。
普段の救急医療でも実施されていますが、大災害時には黒タッグが後回しにされる点が、異なります。
  3. トリアージの仕方は全国共通ですか?
  トリアージには、災害現場や救護所や病院前などで行われる1次トリアージと、病院の中で治療も
一緒に行う2次トリアージがあります。
1次トリアージが狭い意味のトリアージで、皆さんが学ぶのもこれです。
1次トリアージにもいろいろな方法があります。
現在は英国の「スタート式トリアージ」が広く行われています。
NPOが作った「市民トリアージ」はこれにクラッシュ症候群を加えた地震バージョンです。
   4. トリアージの判定は誰が行うのか?
   通常は医師や消防や看護師が行います。
東海地震では災害現場に医師も看護師も消防もいない状況が長期に続く可能性が高いので、
NPOでは市民でもできるトリアージを作りました。
   5. トリアージでは治療をしないのか?
  トリアージする際に行う治療は、窒息しかけている人への気道確保と、多量の外出血している人の止血だけです。
   6. トリアージはいつどこで行われるのか?
  トリアージは、被災現場、医療救護所、病院の入り口で行います。
患者さんが行った先でその都度再トリアージがされます。
トリアージ判定の結果が黄タッグか赤タッグの重傷者方だけを病院に運んで、再度トリアージし治療(処置)を行います。
病院では多数の負傷者がいるため、家族や付き添いの方は中に入れません。
   7. トリアージの考え方は何ですか?
  普段の診察では、どこを、どれだけ、どんな怪我をしているかを診察・検査します。その怪我を直そうとするからです。
大災害では命を助けることを目的にするので、命を維持するために必要な、呼吸、循環、意識を短期間で知ろうとします。
どんな怪我でも命に関わる状態になると、バイタルサインに異常が出るからです。
生きている証拠は、呼吸-息をしているか? 循環―心臓から血液が全身に送られているか? 意識―見え、聞こえ、判断でき、話せるか? の三つです。
   8. トリアージの具体的判定医順は?
  バイタルサインで生命の緊急度を30秒〜60秒で把握し、黒・赤・黄・緑の四つのタッグに分けます。
黒タッグと判定するのは、気道確保をしても呼吸停止の状態です。
赤タッグは、直ちに治療が必要と判断される場合です。呼吸数が30回以上、脈が触れない、
    意識が悪い、などの状態です。
黄タッグは、2〜3時間は治療を待てると判断できる場合です。バイタルサインは異常がないが、
    歩けない人で、ほっておくと赤に変わっていく可能性がある人です。
緑タッグは、命に別状ないため軽傷とされますが、骨折など平常時には重傷とされるものも
    含まれます。 応急処置は必要です。
 
   9. 黒タッグは死亡と同じか?
  黒タッグは、呼吸、脈、意識がない状態で、平時であれば医師が死亡宣告をする状態です。
しかしAEDの講習で分かるように、心肺停止状態でも回復する場合があります。
ただし心臓が止まった状態が5 分くらい続くと、脳が戻らなくなります。
   10. 災害時には心肺停止の人にAEDを使わないのは何故ですか?
  AEDで助かる人は心臓が原因で心臓が止まった人で、数分以内なら電気ショックで回復する可能性があります。しかし災害時には、例えば肺が傷ついて息ができなかったり、おなかの中に大量に出血し、ひどい貧血があったりして、2次的に心臓が止まっています。 原因が治療されない限り心臓だけ動くことができてもすぐ止まってしまいます。
また、心肺停止の人の治療には、数名の医師と数名の看護師が30〜60 分かかりきりになります。大災害で多数の重傷者がいる状態では助けられる重傷者を失うことにつながります。
助けられる命を失ってはいけないのです。
   11. トリアージの判定後の対応の違いは?
  赤タッグの患者さんは直ちに病院へ運びます。
黄タッグの患者さんは赤の後で病院に運びます。
緑タッグの患者さんは簡単な応急処置をして帰宅します。
   12. 緑タッグは病院で治療を受けられないのか?
   東海地震では、病院のベッド数以上の重傷者が出ます。
ここに全力を尽くすので、緑タッグの治療はできません。救護所で応急処置を受けることになっていますが、救護所でも数名の医師で数百人の処置をすることになります。
NPOが教えている怪我の応急処置を覚えて、市民でできるようにしてほしいのです。
   13. トリアージ判定を間違えることはないのか?
   トリアージは1 回だけ行うのではなく、運ばれた先でまた行います。またと間違えるのは運ばれた先のトリアージで正されるので問題ありません。と間違えるのは困るのですが、
トリアージには迷ったら重い方にするという原則があり、防ぐことは可能だと思います。
   14. トリアージは医療行為ではないか?一般市民に許されるのか?
   『歩けるか?息しているか?と確認する』 これは医療行為ではない。
『窒息していれば詰まっているものを出す』 『頭部を後屈し気道を確保する』 医療行為だが、しなければ命を失う。 しない事の方が問われるべきである。
『呼吸数を数える』 医療行為にもあるが、患者さんの不利益はない。
『手首の動脈を触れる』 医療行為にもあるが、患者さんの不利益はない。
『手を握り開くように指示する』 これも医療行為ではない。
AEDの講習では、人工呼吸や心臓マッサージを行います。
それに比べれば患者に影響を与えるものはほとんどありません。
タッグを決めることに責任を感じ、抵抗があるかもしれないが、市民トリアージの判断は、救護所に運ぶ人と病院に運ぶ人を分けるだけであり、救護所でも病院でも医師が再度トリアージするの
で問題ありません。
医療者も消防もいないところで大勢な患者がいたら、トリアージしなくても病院に運ぶ負傷者を選ぶわけで、判断の根拠に医療の考え方を取り入れているだけです。
   
 市民トリアージ実技Q&A
   1. 正常の呼吸数は何回か?
   15 回前後です。
   2. 息をしていますか?呼吸回数は何回ですか?橈骨動脈を触れますか? と
 負傷者に聞くのはおかしいのでは?
   そのとおりです。呼吸数や脈拍数は演技できないので、訓練では負傷者に答えてもらいます。
実際には数えてください。10 秒間数えて6 倍するやり方をします。
   3. 意識を見るのに、手を握っての指示より良い方法があるのでは?
   負傷者の反応で意識が落ちていることが分れば、どんな質問でも構いません。
しかし例えば「今日は何日ですか?」と質問して、間違っていても意識が落ちていると断定できません。「手を握って開いて」の指示に従えたことで、聞こえている。判断ができている。動かすことができる。ことが分ります。
   4. クラッシュ症候群は、見た目元気なのに先に運ぶのでは納得できないのでは?
   市民みんながクラッシュ症候群を知るように広めています。
   5. 指を挟まれてもクラッシュ症候群になるのか?
   筋肉の挫滅が原因です。同じ挟まれても筋肉量で重症度が決まります。指に筋肉はありません。
    6. 2時間を少しでも超えて挟まれていたら、クラッシュ症候群になるのか?
  2時間なのか3時間なのか4時間なのか科学的証明はありません。
2時間までは、血を止めて手術していますが、クラッシュにはなりません。
2時間以上挟まれていて、しびれていれば、クラッシュ症候群の恐れがあるとして、病院で詳しい診断をすればいいでしょう。
   7.クラッシュ症候群の救出時、市民にできることは?
   水分を飲ませながら救出し、水分を飲ませながら病院に運んでください。
救護所には、運ばないでください。
  8. クラッシュ症候群は救出すると突然死の可能性があるなら、市民で行わず、救急隊や医師が 来るまで待った方がいいのでは?
   平時であれば救急車が来ます。しかし大災害では何時間待っても救急隊も医師も来る可能性はほとんどありません。その場にいる人たちでやらないと助けられません。
   
 応急処置Q&A
  1. 止血には縛る方法や血管を押える方法があるがそれは駄目か?
  出血している所より中枢を縛る方法は、病院や消防が持っている駆血帯は血を止められます。
しかし市民の周りにある紐やゴムでは、静脈を止めても動脈は止められないので、うっ血し余計に出血しやすくなります。
脚の付け根や腋の下などの中枢の血管(動脈)を押えるやり方は、医師でも難しく市民にはできないと思います。
確実な止血方は局所の圧迫止血だけです。
  2. 傷は水で洗うとなっているが、災害時はどうしたらいいか?
  平時には水道の水でしっかり洗い流すのが良いが、水道が止まっている災害時には、ペットボトルを逆さにして押しながら洗うのが良い。キャップを開けていないものは清潔です。
  3. 骨折の固定をしたら、病院には行かなくていいか?
  骨折は動かすと強い痛みがあります。身近にあるもので行う固定は痛みを和らげます。
あくまで応急処置です。数日したら医療機関の外来診療も開いてきます。
病院行ってレントゲンを撮ってもらってください。


 ライン
inserted by FC2 system